1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


基本的に自動車保険はその補償内容やサービスで保険料に差が出てくるものです。では、リスク細分化型自動車保険と呼ばれるものは、今までの自動車保険とどう違うのでしょうか?

リスクの細分化

保険料を決める基準となる「リスク区分」を今までよりさらに細かく細分化することにより保険料を算出しているのがリスク細分化型自動車保険の特徴です。

『年齢』『性別』『運転暦(ノンフリート等級)』『都道府県』『自動車の使用目的』『年間走行距離』『所有車台数』『安全装置の有無』などにリスクをより細かく分けることによって、各保険会社は自動車保険の保険料を設定するのです。

具体的になにが変わるかというと、よりその人の自動車の使用条件を反映した保険料が設定出来るという点です。たとえば毎日自動車を運転する人もいれば、週末にしか自動車に乗らない人では年間の走行距離は大きく変わってきます。

一般的に走行距離の少ない人ほど交通事故にあう確率は低くなるので、走行距離の多い人よりも保険料を安くしましょうという考えで保険料を算出できるのです。

金融庁が定める9つのリスク要因

1. 年齢

担保年齢、料率間格差は3倍以内

2. 性別

男女による違い、格差は1.5 倍以内

3. 運転歴

事故歴などによる違い(いわゆる等級)

4. 使用目的

自家用、業務用などの違い

5. 使用状況

年間の走行距離などによる違い

6. 種別

車種などによる違い

7. 安全装置

エアバッグ、ABSなどの有無による違い

8. 所有台数

1台と複数台数目による違い

9. 地域

全国7地域のブロック別による違い。格差は1.5 倍以内

資料:金融庁(2000年5月)

通販という販売形態

つい最近まで自動車保険といえば、保険の営業の方を通して加入するという販売形態だったのですが、現在ではインターネットや電話などでの通信販売という販売形態が増えつつあります。

通販ですと保険の販売に掛かる人件費やその他の経費などをカットできるので、同じ補償内容の自動車保険でもより割安で販売することができます。このような販売面での変化もリスク細分化型自動車保険が従来の自動車保険よりも割安になる理由なのです。

無料一括見積りサイトなどを利用すれば、24時間いつでも複数の保険会社の保険料・補償内容・サービスを比較できるのでおすすめです。


.

ページ上部に