1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


リスク細分型保険

保険会社がドライバーや所有する車の種類におうじて危険度ごとに区分して、統計的に事故の少ないドライバーほど保険料が安く、逆に多いドライバーほど保険料が算出される自動車保険のことです。

 

具体的には『年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況(年間走行距離など)、車種、安全装備(エアバッグ・ABS・衝突安全ボディーなど)、所有台数、地域』という9つのリスク要因で保険料に差が生じるようになっています。

 

保険の自由化の影響でこの区分分けはさらに細分化されているので、今までの保険料よりも節約できることができます。当然ながらすべてのドライバーの保険料が安くなるわけではなく、危険度が高い区分だと従来型の自動車保険より保険料が割高になることもあります。


.

ページ上部に