1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


エアバッグ、ABSなど安全装置装備車は保険料が安くなる

エアバッグ、ABS、衝突安全ボディなどで最近の自動車の安全性はますます高まっているといえます。このような安全な自動車は、そうでない自動車と比べて事故を起こす確率もひくくなるために保険料も割安になります。

エアバッグ割引・・・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険10%~15%

運転席にエアバッグがあることで車の衝突時の負傷を軽減できますので保険料が割り引かれます。助手席にもエアバッグがあればデュアルエアバッグ割引でさらに保険料は安くなります。

ABS割引・・・対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険5%

ABSはアンチ・ブレーキング・システムのことで急ブレーキを踏んだときにハンドルが効かなくなるのを防止する役割をします。ABS装備車はその分安全ということで保険料が割り引かれます。

衝突安全ボディ割引・・・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険10%

事故などでの衝突の衝撃を吸収する構造を持ったクルマを衝突安全ボディ装置車(別名ゴア)といいます。人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を10%割り引くことができます。また、衝突安全ボディの基準は保険会社によって違うようです。

横滑り防止装置割引・・・対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険5%

自動車が横滑りなどを起こした時に、センサーがそれを感知して電子制御によりエンジンやブレーキを最適にコントロールし自動車の挙動を安定させる装置です

その他の割り引き

エコカー割引・・・1%~3%

低公害車(ハイブリッド自動車・電気自動車・天然ガス自動車)・低燃費自動車・低排出ガス自動車などのエコカーは税金も安くなりますが、それだけでなく保険料も割り引かれます。

イモビライザー割引・・・車両保険1%~5%

イモビライザーとは盗難防止装置の一つです。自動車のキーとエンジンとの暗号が一致しないとエンジンがかからないというものです。高級車に装備されていることが多いです。

安全な自動車とは?

自動車アセスメント

安全な車選びをしやすくして、自動車メーカーのより安全な自動車の開発をうながすことで安全な自動車の普及を促進しようとしています。
どの自動車がどのくらいの安全性なのかを確認しましょう。


.

ページ上部に