1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


  • トラブルに巻きこまれた際、弁護士の紹介や弁護士費用の給付が受けられる「弁護士保険」をもっと知ってもらおうと、日本弁護士連合会(日弁連)は9月、制度紹介のリーフレットを改訂して全国の弁護士会などで無料配布を始めました。
  • 事故や事件の被害者になると、加害者側に損害賠償を求めるなど、法的な手続きが必要になる場合があります。しかしながら、弁護士に相談する方法や費用など、わからないことだらけです。こうした不安に応えようと、日弁連が損害保険会社と提携して2000年10月に始めたのが、弁護士保険です。
  • 個人は通常、火災保険や自動車保険などの特約として加入するもので、特約保険料は年間2000~3000円程度。



     被害にあった加入者が保険会社に連絡すると、日弁連や全国各地の弁護士会にある紹介窓口「リーガル・アクセス・センター(LAC)」を通じ、弁護士を紹介してもらえます。法律相談料や弁護士報酬がかかった場合は、一定の範囲で保険金が支払われます。ただ、加入者が加害者の立場の場合は利用できません。
  • リーフレットでは、保険内容や保険会社の一覧などを説明。日弁連のホームページ(http://www.nichibenren.or.jp/)からもダウンロードすることができるようです。

.

ページ上部に