1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


平成19年の交通事故による死者数は、7年連続して減少し、昭和28年以来54年振りに5千人台後半の5,744人となり交通事故の発生件数と負傷者数も3年連続して減少しています。しかし、交通事故の発生件数は80万件、また負傷者数は9年連続して100万人を超えるなど、交通事故は依然として減っているとはいいがたいです。
このような状況を受けて、国土交通省と自動車事故対策機構は、安全対策の一つとして、現在市販されている自動車の安全性能について試験による評価を行い、その結果を「自動車アセスメント」として公表しています。
 

「自動車アセスメント」の目的は、安全な車選びをしやすくして、自動車メーカーのより安全な自動車の開発をうながすことで安全な自動車の普及を促進しようとしています。
また 、自動車アセスメントの一環として、チャイルドシートの安全性能比較試験(前面衝突試験、使用性評価試験)を「チャイルドシートアセスメント」として実施しています。


.

ページ上部に