1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


車両保険とは

契約した車が偶発的な事故で破損した場合に保険金が支払われます。車両保険の補償範囲は下の表を参考にしてください。保険金額は車の時価額により決まりますので、300万円の新車に30万円の保険金額、逆に30万円の中古車に300万円の保険金額などはつけれません。

 

一般車両保険・エコノミー+A特約車両保険・エコノミー車両保険で補償内容が異なりますので条件にあわせたものを選ぶことで保険料を抑えることが出来ます。車両保険で保険料も割高になるので保険の見直しの際は特にチェックしたいです。

保険料は補償範囲が広い分、一般車両保険のほうが高くなります。たとえば一般車両保険の場合に保険料が6万円ほどになる自動車でも、エコノミー車両+A特約車両保険にすれば2万円台ですみます。どちらを選択するかで3倍も保険料が違ってくるわけです。
実は、保険料のなかでもこの車両保険の違いが一番大きいのです。
例えば、「自分は廃車寸前のクルマに乗っているので、事故で乗れなくなっても補償はいらない」という人なら、思い切って車両保険なしでもいいかもしれません。

一般車両保険

エコノミー

+A特約車両保険

エコノミー車両保険

自損事故

×

×

当て逃げ

×

×

火災・爆発

×

落書き

×

盗難

×

台風・洪水・高潮など

×

他車との衝突・追突・接触

免責つけて保険料を安くする

免責とは、例えば車両保険に10万円の免責をつけると10万円までは自分でお金をだしてそれ以上掛かる分が保険金として支払われるようにすることで、保険料を安く抑えることが出来ます。例えば事故の修理費が50万円の時、免責10万円の車両保険なら残額の40万円が保険により支払わるのです。免責を15万、20万とすると車両保険料もその分安くなります。

 

車両保険は何百万円もする新車には掛けたほうがいいかと思います。しかし、30万円の中古車に高額な車両保険は必要ないのではないでしょうか?支払う保険料を考えると実費で修理をするほうが安くなることがおおいようです。

特約をつけて保険料を安くする

最近では運転者を家族に限定することで、保険料を5%程安くする家族限定割引があります。ほとんどの保険会社がこの家族限定割引を実施しています。安全性の高い自動車でも紹介した、エアバッグ、ABSなどの安全装備が付いていると割引になる特約もありますので必ず確認しましょう。


.

ページ上部に