1日でわかる自動車保険

任意、自賠責保険の違いから通販での比較などで安く節約する方法なども公開しています


年齢が高いほど保険料は安い

自動車保険は交通事故を起こすリスクに応じて保険料が決まるのですが、「交通統計」(交通事故総合分析センター)などによると、20代の交通事故死における割合がもっとも高く、30代・40代と比べると倍近い確立になります。つまり、若い運転手ほど事故を起こす確立が高いということが分かります。

年齢に応じて交通事故発生率が違ってくるのを保険料に反映させたものが、年齢条件です。

  • 年齢問わず担保
  • 21歳未満不担保
  • 26歳未満不担保
  • 30歳未満不担保

上記の年齢が高いものほど保険料は安くなります。年齢制限は保険料がだいぶかわってきますので、運転する人を限定することで保険料を安くすることができます。

よくあるのが、30歳未満不担保で契約している運転手のお子さんが18歳になって免許をとったとき、年齢制限を『年齢問わず担保』にしてしまうと保険料は大幅に高くなります。このようなとき保険料を安くするには『家族限定特約』などで運転する人を限定するなどしてすこしでも保険料を減らしておきたいです。

逆に、お子さんが免許をとって運転していても、年齢制限を『30歳未満不担保』のまま契約更新してしまわぬよう注意してください。30歳未満の運転手が事故を起こして保険金が支払われないといことだけは避けるようにしたいです。

年齢制限変更は家族にしらせましょう。

年齢制限は運転する人を限定するものなので、保険金支払いの対象とならない運転手が運転することがないようご家族には、必ず年齢制限をつけたと知らせておきましょう。どのような年齢の運転手が運転するかはっきりしないようであれば、年齢制限をつけないべきです。


.

ページ上部に